カテゴリー: スキンケア

自分に魔法をかけるのだっ!

朝起きて、洗面台でうがいするとき。効果あり?ビューティーオープナージェルの口コミから解約方法までを完全レビュー!

洗面台なんだから目の前に鏡がある。

だけど鏡は見ない。いつからかな、鏡を見なくなったのは。

いや正確には見れなくなった、と言うべきか。

本当は肌の調子が見たいんだけど、、、

鏡の中の自分を見るとギョッとしちゃうのよ~。

見てはいけないものを見てしまったような。

軽く妖怪?的な私のす・が・お。

しわ、シミ、たるみプラスたるみ毛穴、ほうれい線、加齢のお陰で何でもござれ。

しかも顔色は寝起きにもかかわらず、既に顔色がくすんでいるじゃーないかあああ。

おかしいな。

ちょっと前までは、寝起きは顔面蒼白感満載の白さだったのにー。

首も何だか筋っぽいぞ。

知ってる、この感じ。

おばあちゃんの首。

そーそー、それそれ。

これに近かったよー。

知ってるもーん、この感じ。

おまけに手の甲もなんか最近似てきた。

子供の頃、おばあちゃんの手の甲の皮膚を引っ張って遊んでたんだよね。

だって引っ張ると元に戻らないんだもん、皮膚が。

それが子供だった私には不思議で面白くて、毎日おばあちゃんの手を借りて遊んだ。

まー、今の私のそれは、まだ若干おばあちゃんよりは戻るのが早いけどね。

だけどさー、肌が衰えるって気分がへこむなー。

年を取るって、いいことも一杯あるんだけどさ。

肌に関しては悲しく厳しい現実が広がるばっかりだな。

受け入れるのが至難の業。

仕方ないとは思いつつ、今日も

「肌さん、肌さん、肌年齢マイナス10歳、いやマイナス8歳、、、マイナス5歳、、、うーんマイナス3歳になーれ?なーれ?」

ちょっと遠慮がちに自分に魔法をかける。

魔法の杖を一振り!って訳にはいかないけどさ。

毎日毎日念じることで魔法は現実になる。

しかし毎日続ける根気強さがものすごーく大事ね。

さー、今日もあきらめずに自分に魔法をかけよーっと。

先が思いやられる小学生の娘

外出する時の妻は、鏡でメイクをチェック、そして、鏡を見ながら口紅を塗る。それを真似るのが小学生の娘、娘はメイクに興味津々なのだが、母親から「まだ早い」と注意されているため、口紅の代わりに指でクリームを塗る。口紅を塗った妻は、空気を吸う魚のように口をパクパクさせる、口紅の代わりにクリームを塗った娘も、母親を真似てパクパク。

妻、「さあ、行きましょうか?」

娘、「さあ、行きましょうか?」

妻が履くのはヒールの高い靴、娘もヒールの高い靴を履きたいらしいのだが、母親に「まだ早い」と注意されているため、ピンク色のスニーカーを履く。

例のウィルスで人が多い場所は避けるようになったため、極力買い物はしないようにしており、私達3人は家の近くをウォーキングでストレス発散をする。

私、「寒くない?」

娘、「寒くないよ、厚着しているから」

妻、「ちゃんとマスクはしてなさいよ」

娘、「分かっている」

一人娘を甘やかして育てたつもりはないが、この頃の娘は親に口答えするようになった。http://snowbar.jp/
私、「お客さん、居そうにないから喫茶店に入ろうか?」

妻、「ダメよ、運動にならないでしょ」

私、「喉、乾かない?」

妻、「貴方は話しているから喉が渇くのよ」

私、「今日は空気が乾燥してないか?」

妻、「いつもと同じよ」

妻と娘は外出前に保湿クリームを塗っているが、男の私は何も塗っていないため、乾燥で皮膚がカサつく。

私、「Aちゃん(娘のこと)、クリームをパパに少しちょーだい」

娘、「・・・」

私、「Aちゃん、聞いてる?」

娘、「・・・」

妻、「ヤメなさい、嫌がってるでしょ」

私、「だったら、君のクリームを少しちょーだい」

妻、「嫌よ」

私、「ちょっとで良いから」

妻、「嫌よ、私のクリームは高いのよ」

翌日、妻が私に買ってきてくれたのは、娘が使っているのと同じクリーム。

私は娘と同じクリームで喜んだのだが、娘は父親と同じクリームを使うのがイヤなのか、母親と大喧嘩。

結局、妻は娘に別のクリームを買ってあげたのだが、私に買ってくれたクリームより、ずいぶん高かった。

夫婦揃って重力に負けた

私の妻は若い時は可愛かった、70代になった妻は若い時と体重は変わっていないのだが、全然可愛くない。

昔と現在、何が違うのだろう?評判どう?ビハキュアの真の口コミと効果を赤裸々レビュー!

保水液を塗れば肌は潤う、潤った肌にメイクをすれば若作りが出来るのだが、若作りには限界があるようだ。

髪型のせいだろうか、妻が変わったのは。

今も髪が長い妻は、食事をする時は髪をゴムで束ねるのだが、全然色っぽくない。昔の妻は「うなじ」がキレイだったのだが、今の妻は髪を束ねると苦労人に見える。

昔に比べ髪のコシは無くなったのかもしれないが、整髪料で髪型はどうにでもなるのだが、どんな髪型をしても今の妻は可愛くない。

妻の顔を良く見ると、目も眉毛も口も全てが、昔に比べ垂れ下がっている。

お腹がたるむのは食べ過ぎや運動不足で太ったから、しかし、妻の体重は昔と同じ。

妻の目などが垂れ下がった原因は、なんだろう?

昔の写真を見ると、私の髪型はリーゼント風。

リーゼント頭だった時の私は、カメラを睨みつけているのだが、今は出来ない、なぜなら、昔に比べ目元が垂れ下がってしまったから。

目元が垂れ下がったのは、結婚して落ち着いたからだろうか?

そんなことはないと思う、妻は私に「結婚なんてしなければ良かった」としょっちゅう愚痴っているから。

歳を取ると目などが垂れ下がるのは、重力に負けているからではないだろうか。

私も妻も若い時はスポーツをしていたため動きは軽やかだったのだが、歳を取ってからは重力に負けて階段を上るのさえシンドイ。

階段を降りる時は、重力に気を付けなくてはならない。

階段を降りる時は、私が先か妻が先かでモメる。以前、階段を降りている時に重力に負けて転んでしまった、すると、階段の上で妻は転んでケガをした私を笑っていた。

私のお肌の悩みは、最近くすんでしまうことです。

私の最近のお肌の悩みは、くすんでしまってものすごく辛いということです。http://eusuhm2019.com/

特に子供が小さいので、子供の面倒でいろいろと気を使いすぎて疲れてしまうということがある気がしています。というか、私は結構ひとよりもいろいろと気にしすぎというかとてもつらい思いをしているので、やっぱりくすんでしまうことが多いような気がします。

なので、何とかお肌のきれいな状態を保とうと思って、洋服で何とかしようと思っていますが、やっぱりなんとなくというかあまりいい状態ではない気がしています。

なので私は一生懸命頑張らないですこしお肌のために休んでもいいのかなと思うことを感じています。毎日お肌に感謝して、ありがとうという気持ちをもってお肌の状態を見ていったほうがいいのかなということを感じています。

そんなこと言ってもなかなか思い通りに進むことはできないので仕方がないですが、やっぱりいろいろと大変なこともあるのでやっぱりそれなりにいろいろと考えなければならないことってあるかなと思っています。私はもう少しだけ今の状態をよくしていきたいと思っているので、少しずつ解消していけたらいいなと思います。前向きにとらえようと思います。頑張ります。

何度も出てくるニキビさんと毛穴さん。

私はもともとお肌がかなり弱くて、絆創膏をはったり湿布を貼るだけでも物によっては半年以上後が消えなかったり痒くなってしまったりします。

そして最近本当に悩みなのが、

お顔に住み着いているニキビさんと毛穴さん。http://www.reisenacht.com/

もうそろそろお引っ越ししてもいいんじゃ?って

思うくらいケアを頑張っても頑張っても、また来たの?って思うくらい現れます。

まずニキビさん。これはよくなったりまた出てきたりの繰り返し。皮膚科に行けばお薬だってもらえますし、最近はニキビだけでも皮膚科に行く方も増えてますよね?でもたまにいるんですニキビだけできたの?的な顔する先生たち。いやいや!私からしたら綺麗で透明感のある肌を手に入れるために努力してるんですよ!って言いたくなります。

そして毛穴さん。

こいつは手強いです。何してもいなくなってくれない!!

ありとあらゆる毛穴に効くものを試したり、逆に辞めてみたり全部試してみたけどこれはなくなってツヤツヤ!って思う物に出会ったことがありません。

よく動画やブログで◯◯がいい!とかこの方法で!とかあるけど無くならないものは無くならないんです。

もう美容外科に行って吸引するのが早いのかと最近常々思ってます。

女の子って本当に大変なんです。

ふと鏡を見た時の異様に老けた顔を見て驚きました。

精神的、肉体的に疲れて帰ってきてマスクを外して手洗いうがい、洗顔までしようとして洗面所でふと鏡を見た際に自分の顔が異様に老けこんでいて哀しくなったことが何度もあります。

評判通り!nicoせっけんを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

10代20代の頃から比べると起きた時と出かけてから帰ってきた際の顔が全然違ってしまいます。顔のハリもそうですが、頬の肉が垂れてきてほうれい線がくっきり出ていてしかめっ面が多いせいか眉間や目じりに皺まで見えます。

太っているのもあってたるみが特に酷くただでさえ疲れて帰ってきて自分の顔でトドメがさされる感じです。

40代直前でこれだと将来本当どうなってしまうんだろうかとため息ばかりでます。太っているのは痩せれば少しは改善出来るだろうと希望を持てますが、肉のたるみやほうれい線はそれでも消えるかが非常に不安です。

それに疲れが顔に出るようになってきていてそれが皺やたるみ、ほうれい線に繋がっているとしたら今後の人生で疲れない生活などないので確実に肌に対する問題が残ります。

それに顔だけではなく手の皺も増えてきましたし、全身の肌全体を見てもガサガサになって来たと感じるようになってきましたので張りのある肌、垂れない表情筋そういったものが非常に欲しくてたまらない状況です。

どうしたら少しでもたるみを抑え、肌のハリや艶を残せるのかと悩んでいる状態です。

肌が白いと言われなくなった…?

現在30歳です。10代の頃はUVケアを全くせず、特に大きな肌悩みもありませんでした。
そして、そのまま大学を出て社会人になって1年目のこと。

【本音口コミ!】ヴィオテラスHSCセラムの効果を赤裸々レポート!

駅のホームで鏡を見て唖然としました。
…シミがめちゃくちゃ増えている!
自然光に当たった自分の肌を見て驚き、悲しくなりました。

大学時代UVケアを怠った代償と、社会人になってからのストレスでシミが増えたのでしょう。
それからは使う化粧品を全て美白専用にしたり、1年を通してSPFの高い下地やファンデーションを使うようにしました。
数年そんなケアを続けていたら、なんと周りの人から肌が白いと言われ始めました。
1番嬉しかったのは、美容部員さんに「ちゃんとケアしてる人の肌だわ」と褒められたことです。

シミは完全になくなったわけではありませんが、薄くなり、日々のケアにより地の肌が白くなったのだと思います。
それからずっとケアを続けていたのですが、
30歳に近づいてきた頃、「あまり肌が白いとは言われなくなったような気がする」…と感じたのです。
考えてみると、顔を小さく見せるためにチークやシェーディングを入れ始めてから肌が白いと言われなくなったのではないかと気づきました。
シェーディングを入れている部分は、よく見ると日焼けしたような感じに見えます。

その時に、自分がシェーディングを入れすぎていることに気づきました。
確かに顔は小さく見えますが、入れすぎは良くないと思いました。
何かひとつ粗を隠そうとすると、他がダメになる…と気づいた瞬間でした。
これからはシェーディングは控えめに、そして美白ケアを入念にしていきたいと思います。

年齢と肌質の変化について

私はつい先日30歳になりました。シルクリスタ

遠い昔の若い頃は肌のことなどよくわからないけれど、とりあえず安くて知名度のある化粧水と乳液を使っていました。

ピチピチお肌の時代なので特に不満も不調もありませんでした。

しかし20代も中頃になると、Tゾーンの皮脂が多く化粧浮きが気になるようになりました。

あれこれ化粧水を買って試してみたけど、これといって良さそうなものは見つからず。

CMで見た 皮脂崩れ防止下地 を買おうか迷っていたところ化粧部員のお姉さんに声をかけられ肌質を見てもらうことに。

すると、乾燥肌だと言われました。

私はてっきり脂性肌だと思ってたので驚きました。

これ以上乾燥しないように皮脂で守るため過剰に分泌するのだとか。

もう10代の頃のように 適当なケアではダメなのか…

勧められるがままに、目当てだった化粧下地と私の肌に合う少しお高めの化粧水・乳液を購入しました。

それは使い心地良く、肌の調子も良い感じがしてしばらく愛用しました。

せっかく良い化粧水を使うのだから、洗顔も少し良いものにグレードアップしました。

今度は20代後半。肌質の変化というより環境の変化です。出産して、ゆっくり化粧水を塗っている余裕がなくなりました。

アラサーということもあり、さらに乾燥が進みます…。

洗顔後のつっぱり。毛穴も気になる… でも今はとにかく さっと塗れることが第一優先…

ということで、オールインワンジェルを試しているところです。

オールインワンジェルは物足りないイメージがあったのですが、伸びがよく しっとりで何より1つで済むのが本当に楽です。

あわよくば ファンデーションもオールインワンに出来ないかと考えているズボラ女子でございます。

三十路になってほうれい線が気になりだした

※お肌のことを書いてくださいという依頼ですが、ダイエットのことを書くものだという記載もあって迷いましたが、とりあえず肌のことについて書きます。

nicoせっけん

私はメイクというと肌にはBBクリームしか塗らないのですが、塗った状態で笑うとほうれい線のシワが目立つことに気付きました。最近になってからなのですが、三十路になると肌も変わるのかなと思いました。メイクをしていなければシワは表れないのですっぴんの方が良いのですが、そうすると毛穴など他の悩みが見えてしまいます。

最近はマスクをしているので特に気にせず塗っていますが、マスクをしない時には一時期ほうれい線の部分にBBクリームを塗らないという策を立てました。頬にBBクリームを塗ったら、指でほうれい線を押さえてそこに塗らないようにするのです。ゆったりとグラデーションになるようにすれば肌馴染みも良いですし、そこだけBBクリームを塗らなかったところで編にはなりませんでした。

ただ、今のところちょっとBBクリームをつけすぎてしまうので、次にメイクをするとしたら少な目にしないとと思っています。頬のシワが目立ち始めたのは年のせいと、あとは出っ歯なことが関係しているように思います。歯が出ていると口回りが出ているように見えますからね。