カテゴリー: スキンケア

ほうれい線ができる原因

年齢を重ねるにつれてほうれい線が気になってきたと言う人は多いのではないでしょうか。
ほうれい線とは、小鼻から口の両端にかけてできあごに続くシワのことをいいます。
このほうれい線が出来ると実年齢以上の見た目に見えてしまう人もいるので、対策したいと思っている人は多いと思います。

ルメントホワイトニングジェル

ほうれん線が出来る原因に顔のたるみが挙げられます。
年齢を重ねるにつれて、肌の奥のコラーゲンが減ったりなくなったりすることや、表情筋が衰えることによって頬を支える力が低下してしまいます。
その結果、ほうれい線ができると考えられています。

一言にほうれい線が出来るといっても3つのタイプに分かれています。
1つは、骨のくぼみが原因でおきるタイプです。こちらも加齢によって、小鼻周りの鼻の土台となる筋肉が骨のでっぱりが少なくなってきて、ほうれい線ができるものです。

2つめに、筋肉が原因でできるタイプです。
ほうれい線周りの筋肉が強く、筋肉が動くたびに引っ張られてほうれい線が出来るタイプです。
3つめは、混合タイプで、複数の原因が重なってできるタイプです。

35歳以上の方に見られることが多いです。
ほうれい線が気になり始めたら、まず自分がどのタイプなのかを見極めてから対策を練るのが良いでしょう。

年を取って肌の悩みが増えるのではない

若くても肌の悩みはありますね。肌の悩みが30代以降とかそれは違います。どういうことで30代以降の肌は要注意なのか分かりませんが、美容関係では20代の肌より30代の肌のほうがトラブルが多いという意識なんでしょう。

http://www.socialdiningnetwork.com/

10代には10代の肌の悩みがあります。例えばニキビができやすいとかはその典型ですよね・・・。20代になると化粧品でのトラブルが増えます。肌に合わない化粧品を使ってニキビができるとかニキビが治らないとか。肌がくすむとか肌が熱を持ったようになるとか、いろいろなトラブルがあります。

30代になると女性は出産や子育てでメイクに手を抜きがちになりますよね。そうすると肌トラブルがウソのようになくなることがあります。私は30歳で出産してそれまでのバッチリメイクやスキンケアが出来なくなりそれと共に肌が健康になっていきました。

基礎化粧品でかぶれやすかったけれど、時間がなくてケアが出来なくなったときケアの必要などなかったことが分かりました。ケアをすればキレイになれるなんて化粧品を頭から信じていたのですが無駄にお金と時間を使っていたことに気づかされたのです。今はシワが少し気になる程度で他に悩むことはなくなりましたよ。

汗のメイク崩れを防いだのはまさかの運動

汗っかきの私にとって、ぐんぐん気温が上がる初夏から夏にかけては大変苦手なシーズンです。
ただでさえ化粧乗りが悪い上に、せっかく苦労して整えたメイクもたちまち崩れてしまいます。男性であれば代謝が良い証、体脂肪も燃焼し易く体型維持に有利この上無い・・・そんな風に捉える人も多いのですが、女性となれば全く事情が違います。

http://cepisecompetencebenchmark.org/

オフや通退勤時の屋外では、いかにして汗を抑えメイク崩れを防ぐかで頭が一杯になってしまい、ついつい神経過敏になってしまいます。ここ数年間は制汗クリームやファンデを色々試す等工夫し続けていたのですが、あまり芳しい結果が得られず、やはり自分の体質を変えていかなければならない・・・と強く思ったのでした。

デスクワーク続きによる運動不足やストレスによる自律神経失調等を疑い、ダイエットやトレーニング、リラクゼーションに積極的に取り組む様になった去年から、ようやく制汗効果が出始めてきました。

ダイエットやトレーニングをこなすと汗腺が活発になり、逆に汗をかき易くなるのでは?という不安は当然あったのですが、ネットを色々調べ取り組んでみたところ、出退勤やオフ時に驚く程汗が出なくなっている事にビックリしました。

出勤前にしっかり身体を動かし汗をかくと、逆に出勤時には身体がスッキリし、緊張から解放され汗をかき難くなっている様なのです。またクールダウン直後のリラックスしたタイミングで制汗メイクを施せるのも大きい様な気がします。

ほうれい線について

30歳を迎える少し前からほうれい線が気になった。

ロザリティウォータリーマスク

まだ、若いから大丈夫だろうと高を括っていたら、どんどんほうれい線が深くなってきているのだ。

これはまずい。このままではブルドッグだかマリオネットラインになってしまうと思い、私は高価なシワ対策クリームを購入した。

しかし、1本使い終わっても中々効果は現れない。

「これはどうしたもんか」とうなる私をよそに私のほうれい線は深くなるばかりだ。

ついには友達にも「ほうれい線が・・・」と言われてしまった。

もう私の頭は、寝ても冷めてもほうれい線のことばかり。

あまり考えすぎるとストレスになり、老化を早めてしまうと焦った事もある。

しかし、私の脳の90%以上はほうれい線の事をしめていたのだ。

ある日、ネットでほうれい線に関する記事をみつけた。

そこには、ほうれい線は顔の筋力低下で起こるため、シワ対策クリームを塗ってもあまり効果がないと書かれていた。

ネットの情報なので、鵜呑みにするわけではないが、その記事にはどこか説得力もあり、読んでいくうちに「そうかもなぁ」と思うようになった。

そこから私は、ほうれい線対策運動をするようになった。

口を大きくあけたり、少し大きめの声で歌を歌ったり、マウスピースを作成したりと私のほうれい線対策は続いた。

そのおかげか、31歳になった今、私のほうれい線は少し薄くなった(ような気がする)。

これからもほうれい線対策を怠らず頑張っていきたいと思う(多分)。

乾燥肌が歳を取るごとに深刻に…

アラサーのOLです。
「女性は7の倍数の年齢ごとに体質が変わる」と言われ、私自身も肌質の変化は感じて来ましたが、30歳が近づくにつれ、肌の悩みが深刻になってきました。
私が特に気になっているのが肌の乾燥です。

【ガチレビュー】ヴィオテラスCセラムの衝撃的な口コミをご報告…!3ヶ月使った効果を赤裸々に綴ります!

春になり、肌の乾燥も軽くなる時期なのですが、顔・唇・足などが常に乾燥してしまっています…
保湿ケアはしているのですが、数時間後には乾いてしまって、なかなか満足がいきません。
クリーム等を多く塗ってみても、今度はメイク後に脂っぽくなってしまったり、ニキビができてしまいます。
油分と水分のバランスって難しいですよね。

外からのケアで上手くいかないので、最近はインナーケアを重視しています。
具体的にはコラーゲンを摂取したり、水を多く飲むなどです。
乾燥肌に効いているか、まだ効果は微妙なところなのですが、飲まないよりは良いかと思って続けています。
水をよく摂ると、代謝が上がると言われていますし、ダイエットしなくても満腹感が出るので、体型に悩んでいる方には試してみて欲しいです。

肌の乾燥は、来年の秋冬(乾燥が気になる時期)までには落ち着かせたいので、他の美容法もチャレンジしたいです。
綺麗な30代になるために、昔よりも美容に気を使っていきます。

シミが魔法のように消えてくれたら

シミが気になってきたのは、30歳前後ぐらいからでした。若い頃は、ターンオーバーも正常で、トラブルがあってもすぐ治っていた気がしますが、年を重ねるにつれ、何も対策していない肌には大打撃です。

ラントゥルースは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミをこっそりご報告!

日焼け止めを塗らずに外出。食生活もバランスを考えずに好きなものを食べる。化粧を落とさずに寝る。肌への摩擦。鼻パック。日々のストレス。思い起こせば、肌に負担をかける生活の積み重ねが、今の肌を作ってしまったんだろうとは思います。後悔しても後の祭りです。どんどん増えるシミには悩まされます。今より薄くなってほしい。数が減ってほしい。欲を言えば綺麗さっぱりなくなってほしい。

そのような思いが募るばかりです。今あるシミが少しでも改善するように、さらに未来の肌のために、現在取り組んでいることをお伝えします。まず、毎日日焼け止めを塗っています。これは常識かもしれませんね。紫外線はシミに直結するため、予防策です。

次に、自炊を心がけバランスの良い食生活を送るようにしています。不足しがちな野菜を意識しています。3つめは、必ず化粧を落として眠ることです。過去に落とさず寝てしまったことを考えると、恐怖にさえ感じます。4つめは、できるだけ肌に直接触れない、摩擦しないクレンジングと洗顔を心がけます。泡で汚れを落とすイメージです。5つめは、ストレスをこまめに解消することです。

手強い大人ニキビとの長い闘い

初めまして。長年ニキビに悩む20代半ば主婦です。

薬用スクラボを辛口評価!

私とニキビとの闘いが始まったのは、高校生の頃。思春期ニキビからはじまりました。

その頃は、バリバリの運動部でバスケットボールに打ち込んでいたこともあり、美容に関する興味もあまりなくスキンケアにもこだわっていなかったためか、大きなニキビが鼻にポツンとできるようなタイプでした。高校卒業後、小さなニキビが額や顎などにでき始め、食生活の見直しやスキンケアの見直しを図り、市販で薬局などで販売されているニキビ用の洗顔、薬なども試してみましたが一向に改善される気配はありませんでした。

その頃、仕事でお世話になっていた先輩から美容皮膚科を紹介していただき、はじめてニキビで皮膚科に通院することにしました。すると、わたしが悩んでいたニキビはひと月しない間に綺麗に治り今までの悩みは何だったんだろうと思うほどに、ニキビ知らずの肌になりました。

それから、定期的にその皮膚科に通うことで私のニキビは改善されましたが、ただいま妊娠4か月。普段使っていた塗り薬や飲み薬、ビタミン剤なども念のため飲まないようにしていて、おまけに妊娠によるホルモンバランスの変化、またこのご時世のマスク着用により私の肌はまた大敵であるニキビに悩まされつつあります。

また、引き続き食生活の見直しや、睡眠時間の確保など普段の生活の中から見直していき地道にニキビと闘っていきたいと思います。ニキビは、その人にあったニキビの対策が本当に様々だと思うので、これが必ず良い!というものを見つけるのはなかなか大変だと思いますが、基本から見直してお医者さんに相談することも頭に入れながら向き合っていくのが一番だと私は思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

肌の苦悩は永遠に。。。でも楽しくね

今年で50歳の私。

20代はきれいに見せるために化粧しましたが

今は化粧する横から崩れます。ファンデーションって若い人のものですよね。

最近はシンプルイズベストです。

私は20代中盤から南国で仕事をしており日焼け派もう職業病として諦めています。

それ以外の悩みをお伝えします。シルクリスタ

まず最初に悩み始めたのはほうれい線。

サービス業のため常に笑顔、そのためほうれい線がくっきり。

某高級品のブランドを色々使いまくりました。

1品7万円もうするクリームも使ったし

美容整形で注射もしました。

でも一番効いたのが、、、、プロテイン。

プロテイン=筋肉のイメージですよね。

有人のエステシャンにプロテインは髪の毛や肌のコンディションを整える、と聞きました。試しに毎日飲み始めました。

そうしたら!んんと!

ほうれい線が消え始めました!!!びっくり。

40代はほうれい線知らず。。。

今はうっすらとありますが30代でほうれい線が出始めた頃より

明らかに薄いし浅いです。

ま~私の肌人生これでまあ~儲けもんかな?と思っています。

欲を言えば日焼けからのシミが酷いのでちょとなくしたいけど

肌のシミを気にするのは日本ぐらい?年相応にみれて楽しければいいかな?って

思っています。

ただの肌荒れではなく病名を言われました

わたしは以前、ニキビだと思っていたらニキビではなく、脂漏性皮膚炎やマラセチア毛包炎、酒さ以外の症状だと診断されたことがあります。このような診断をされたのは、人生ではじめてで、わたしの周りにも同じような診断をされた知り合いはおりませんでした。ビハキュア

わたしは背中にできるニキビは綺麗に治せれるのですが、お顔のニキビ跡のようなものが2年以上消えていません。現在ニキビは5つありますが、おでこを除くお顔のほぼ全体が染み出したように赤くなっております。わたしは、なにか身体の内側に問題があるのでは思いましたので、身体の内側になにも問題がないかと内科の先生に相談させていただき、受診したところニキビではないと断言されました。そして大学病院に紹介状を書いてもらって、今度大学病院の皮膚科を受診することになっています。

ニキビ跡に似ているけれども、ニキビ跡ではないと診断された知り合いがおりませんので、このようなことになってしまいかなりのダメージを受けております。よくわからない病名を言い渡され、なおるかもわからない汚いお肌に付き合っていかないといけないのかという気持ち、そして今後どのようにお肌を守っていけば良いのか考えておりますが、なかなかわたし自身に合うスキンケアが見つかりません。

肌の悩み、多くないですか?

タイトルでドキッとされた方、いらっしゃると思います。シルクリスタの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

私も多いです…
巷にあふれる美容情報を試しても肌に合わず、肌の調子がより悪化したことも多くあります。

そこで、今回は私の1番の悩み、ニキビとシミについて少しお話しできればと思います。

ニキビはできれば潰さない、シミにはビタミンCと日焼け止め…
それが基礎だと教わってきました。
これはニキビ跡を作らないように、シミはこれから増えないようにの対策です!

元々ニキビを作らないには、やっぱり規則正しい生活リズムと食べるものに気をつけて、ストレスを溜めないこと!これが本当に大切です。
色々なモデルさんや女優さんのインタビューを読んでいてもなるべくヘルシーな食べ物、ストレスを溜めないを心がけているように見受けられました。

シミができてしまった後には美白ケアあるのみ!
今あるシミをこれ以上濃いシミにしないように肌の手入れを頑張りましょう。摩らない、赤ちゃんの肌のように優しく扱う、栄養たっぷりの食べ物を食べてシミ一つ一つに悩みすぎない。こういったことでシミを濃いシミに進化させることが防げます!

肌の悩みは一人で悩まずにぜひ皮膚科で相談をして、ストレスを溜めないようにしましょう^^

千里の乾燥肌も一つのケアから

私は小さい頃から乾燥肌だったようで、ひび割れていて全くうるおいを感じない自分の肌を見ては、いつもため息をつくしかありませんでした。特に冬場になると、そのただでさえ乾燥している肌が痒くなって、表皮をかきむしってしまうことすらあったので、負のループみたいなものに近かったです。

ビューティーオープナージェル

近くにある薬局で「乾燥肌用」という表記がしてある保湿クリームを見かけるたびに試してみてはいたのですが、どうも自分の肌とは相性がよくないといった様子で上手くいきません。「自分のお肌のコンディションを保つにはどうしたらいいのか」ということを真剣に考え始めたのは本当に最近のことです。よくよく考えて見た結果、「私には根気がなかったのだな」ということを理解しました。

なぜなら、私は先程言ったように新しいクリームをせっかく買ってきても、数日でそれを患部に塗り込むことを疎かにしてしまっていたからなのです。

その怠け癖にようやく気づくことができた私は、早速クリームのストックを片手に「毎日欠かすことなく」乾燥ケアに取り組むことを、きっと天から怠け癖の強い私のことを怒っているであろう、お肌の神様に誓いました。根気よくクリームを塗り込んでいった結果、最初の頃より明らかに乾燥肌が改善したので、これからもがんばっていこうと思います。

「人の見た目年齢の印象は、顔の下半分で決まる」

ここ2~3年で明らかに目立つようになってきたほうれい線。
40代に突入し、目に見えてわかる老化現象。
年齢を重ねていけば避けられないことも分かってはいるけれど、
テレビに出ている芸能人は、同世代の方でもご年配の方でもくっきり目立つほうれい線がある方は少ない気がします。

http://www.aim-ilccc2019.com/

そう考えると、年齢関係なくケアすることでほうれい線も目立たなくなるんだなぁと感心してしまうのです。
高額な特別なケアが必要なの?
一般人の私はどうしたらいいの?
ほうれい線初心者の私なら、まだなんとか間に合うんじゃないの?

最近テレビで「人の見た目年齢の印象は、顔の下半分で決まる」というのを耳にしました。
「なるほど~。」
たしかに見た目年齢を予想するときって、口まわりを見たりしますもんね。納得です!
でもそれが分かったところで、実際に悩んでいる私はどうすればいいのでしょう?
主婦には高額な化粧品は厳しいし、初回安く買えたところで続けられないし・・・。

このご時世はマスクをして外出するので、口まわりやほうれい線を隠すことができますが
マスク取ったら、はい、おばさん!
という状況はできるだけ避けたい!いや、絶対避けたいわけです!
私は元々童顔なので、“童顔おばさん”になったらかなりギャップがあるはずです。
このひと(私)のがっかりポイントほうれい線!、なんて思われることになりかねません。

ですので、「人の見た目年齢の印象は、顔の下半分で決まる」と聞いた先週からさっそく始めたことがあります。
やはり口まわりのコリをほぐしたり、直接的にケアするということです。
高価な化粧品は用意できませんから、ファイシャルマッサージや頭皮マッサージ、デコルテケア等
プロの動画を参考にさせていただきながら、たるんでいるところ、つまっているところを流していく・・・

そうすることで、少しずつではありますが、エラあたりがすっきりしてきました。
あとはこれが長続きすればいいのですが・・・。

マスク生活で肌の治安が悪い

マスク生活も1年を経とうとしており、肌はボロボロです。【本音口コミ!】ととのうみすとを購入したアラサー女子がその効果を暴露します!

元々、あごニキビやしみに悩まされていましたがマスクによりさらに悩まされています。毎日化粧水と乳液をスチーマーをしながらしているのですが、治ってはできるの繰り返しです。今は美容家さんが愛用している化粧水と乳液を使い様子を見ていますが、期待はせず気長に挑戦してみようと考えています。

またコロナ禍でエステに行けずにいましたが、だんだんと感染者数が減っているので人があまりいない平日を狙って行きたいと思っています。エステでは主にピーリングをしてオイルマッサージをしています。

このセットをしている時は正常に肌のターンオーバーがされ、しみが薄くなってニキビもできにくい肌を保っていました。年齢と共に古い角質を剥がすという働きが出来にくくなっているらしく、古い肌にいくら良いスキンケア商品をぬっても効果が見込めないようです。

正直家でできたらと思うのですが、ピーリングを自分でするのは怖いしピーリング商品を買い揃えるのもお金がかかり現実的ではないので、近々エステに行きたいと思います。これで肌の状態が安定して欲しいと切に願います。花粉の時期になるとかゆみもプラスされるので早めに対処しなければと思っています。

季節の変わり目と花粉症での肌荒れ悪化について

私は一年を通して季節の変わり目になると必ず肌トラブルに見舞われます。透輝美の通販最安値は?

冬から春にかけてのシーズンが一番酷く、基本は乾燥肌なのにこの時期だけは混合肌になってスキンケアの仕方も変えなくてはいけないのがストレスです。

表面はオイリーに見えて中は乾燥しているインナードライの症状があると分かったのは20代後半になってからで、当時エステの勉強をしていたので自分の肌についても色々分かったことが多く、そこからは自分に合った洗顔料や保湿剤を使うようになりました。

しかし、春への季節の変わり目に伴って花粉のシーズンが到来すると、それが原因での肌荒れがプラスされるようになってしまうのです。そしてその対処法をまだ確立できていないので、この二か月間程はストレスに耐えどうにか乗り越えているのですが、外出などでひと様に会うような機械があるときは本当に自分の肌が嫌になります。

更に花粉対策で元からマスク着用生活も長かったので、マスクと肌がぴったり重なる部分(特に目の下、頬と鼻を横切る一直線)に炎症がおきたりしてしまい、マスクを外すと自分でも笑ってしまう程の赤ら顔になっていて困っています。

ただでさえ混合肌のケアは面倒くさいなぁと感じている時期なので、この花粉でのプラスアルファはとっても辛く、花粉症を発症していない人だってマスクで肌荒れや乾燥でガサガサになってしまう人も多いと思いますが、ダブルパンチの私からしたらそんな人ですらもうらやましくてしょうがない今日この頃です。

私の今のお肌の悩みは、ほくろが昔より増えたことです。

私は最近気になっていることがあって、お肌を今日も鏡で見たのですが、ほくろが昔よりもとても増えてしまったということが挙げられます。http://www.orc-hunter.com/

なので、お肌の状態があまりよくなくって、お肌にほくろが目立ってしまってとても汚い色をしてしまっているような気がします。なので私はどうしたらいいのかということがとても気になるというか、とてもつらいというか、お化粧をしなければ外に出られないことがとてもつらいです。もっと昔のように何も気にしなくても外に出られるようになりたいなと思いました。

それに、なかなか思い通りにならないというか、あまりいい状態ではないということを感じてしまうため、どうしたらいいかわからないですし、このままではどうすることもできなくて困ってしまうということが挙げられます。

私はこのままほくろが増えていってしまって自分のお肌が嫌な感じになってしまったらどうしようということを感じています。このままではどうすることもできませんしどうしたらいいのかわからなくて困ってしまうことが多いです。なんとなく今の状態がとてもつらくて、どうしようもありません。

このままお肌のほくろが目立つといやだなと思いますし、どうしていったらいいのか路頭に迷っています。

自分に魔法をかけるのだっ!

朝起きて、洗面台でうがいするとき。効果あり?ビューティーオープナージェルの口コミから解約方法までを完全レビュー!

洗面台なんだから目の前に鏡がある。

だけど鏡は見ない。いつからかな、鏡を見なくなったのは。

いや正確には見れなくなった、と言うべきか。

本当は肌の調子が見たいんだけど、、、

鏡の中の自分を見るとギョッとしちゃうのよ~。

見てはいけないものを見てしまったような。

軽く妖怪?的な私のす・が・お。

しわ、シミ、たるみプラスたるみ毛穴、ほうれい線、加齢のお陰で何でもござれ。

しかも顔色は寝起きにもかかわらず、既に顔色がくすんでいるじゃーないかあああ。

おかしいな。

ちょっと前までは、寝起きは顔面蒼白感満載の白さだったのにー。

首も何だか筋っぽいぞ。

知ってる、この感じ。

おばあちゃんの首。

そーそー、それそれ。

これに近かったよー。

知ってるもーん、この感じ。

おまけに手の甲もなんか最近似てきた。

子供の頃、おばあちゃんの手の甲の皮膚を引っ張って遊んでたんだよね。

だって引っ張ると元に戻らないんだもん、皮膚が。

それが子供だった私には不思議で面白くて、毎日おばあちゃんの手を借りて遊んだ。

まー、今の私のそれは、まだ若干おばあちゃんよりは戻るのが早いけどね。

だけどさー、肌が衰えるって気分がへこむなー。

年を取るって、いいことも一杯あるんだけどさ。

肌に関しては悲しく厳しい現実が広がるばっかりだな。

受け入れるのが至難の業。

仕方ないとは思いつつ、今日も

「肌さん、肌さん、肌年齢マイナス10歳、いやマイナス8歳、、、マイナス5歳、、、うーんマイナス3歳になーれ?なーれ?」

ちょっと遠慮がちに自分に魔法をかける。

魔法の杖を一振り!って訳にはいかないけどさ。

毎日毎日念じることで魔法は現実になる。

しかし毎日続ける根気強さがものすごーく大事ね。

さー、今日もあきらめずに自分に魔法をかけよーっと。

先が思いやられる小学生の娘

外出する時の妻は、鏡でメイクをチェック、そして、鏡を見ながら口紅を塗る。それを真似るのが小学生の娘、娘はメイクに興味津々なのだが、母親から「まだ早い」と注意されているため、口紅の代わりに指でクリームを塗る。口紅を塗った妻は、空気を吸う魚のように口をパクパクさせる、口紅の代わりにクリームを塗った娘も、母親を真似てパクパク。

妻、「さあ、行きましょうか?」

娘、「さあ、行きましょうか?」

妻が履くのはヒールの高い靴、娘もヒールの高い靴を履きたいらしいのだが、母親に「まだ早い」と注意されているため、ピンク色のスニーカーを履く。

例のウィルスで人が多い場所は避けるようになったため、極力買い物はしないようにしており、私達3人は家の近くをウォーキングでストレス発散をする。

私、「寒くない?」

娘、「寒くないよ、厚着しているから」

妻、「ちゃんとマスクはしてなさいよ」

娘、「分かっている」

一人娘を甘やかして育てたつもりはないが、この頃の娘は親に口答えするようになった。http://snowbar.jp/
私、「お客さん、居そうにないから喫茶店に入ろうか?」

妻、「ダメよ、運動にならないでしょ」

私、「喉、乾かない?」

妻、「貴方は話しているから喉が渇くのよ」

私、「今日は空気が乾燥してないか?」

妻、「いつもと同じよ」

妻と娘は外出前に保湿クリームを塗っているが、男の私は何も塗っていないため、乾燥で皮膚がカサつく。

私、「Aちゃん(娘のこと)、クリームをパパに少しちょーだい」

娘、「・・・」

私、「Aちゃん、聞いてる?」

娘、「・・・」

妻、「ヤメなさい、嫌がってるでしょ」

私、「だったら、君のクリームを少しちょーだい」

妻、「嫌よ」

私、「ちょっとで良いから」

妻、「嫌よ、私のクリームは高いのよ」

翌日、妻が私に買ってきてくれたのは、娘が使っているのと同じクリーム。

私は娘と同じクリームで喜んだのだが、娘は父親と同じクリームを使うのがイヤなのか、母親と大喧嘩。

結局、妻は娘に別のクリームを買ってあげたのだが、私に買ってくれたクリームより、ずいぶん高かった。

夫婦揃って重力に負けた

私の妻は若い時は可愛かった、70代になった妻は若い時と体重は変わっていないのだが、全然可愛くない。

昔と現在、何が違うのだろう?評判どう?ビハキュアの真の口コミと効果を赤裸々レビュー!

保水液を塗れば肌は潤う、潤った肌にメイクをすれば若作りが出来るのだが、若作りには限界があるようだ。

髪型のせいだろうか、妻が変わったのは。

今も髪が長い妻は、食事をする時は髪をゴムで束ねるのだが、全然色っぽくない。昔の妻は「うなじ」がキレイだったのだが、今の妻は髪を束ねると苦労人に見える。

昔に比べ髪のコシは無くなったのかもしれないが、整髪料で髪型はどうにでもなるのだが、どんな髪型をしても今の妻は可愛くない。

妻の顔を良く見ると、目も眉毛も口も全てが、昔に比べ垂れ下がっている。

お腹がたるむのは食べ過ぎや運動不足で太ったから、しかし、妻の体重は昔と同じ。

妻の目などが垂れ下がった原因は、なんだろう?

昔の写真を見ると、私の髪型はリーゼント風。

リーゼント頭だった時の私は、カメラを睨みつけているのだが、今は出来ない、なぜなら、昔に比べ目元が垂れ下がってしまったから。

目元が垂れ下がったのは、結婚して落ち着いたからだろうか?

そんなことはないと思う、妻は私に「結婚なんてしなければ良かった」としょっちゅう愚痴っているから。

歳を取ると目などが垂れ下がるのは、重力に負けているからではないだろうか。

私も妻も若い時はスポーツをしていたため動きは軽やかだったのだが、歳を取ってからは重力に負けて階段を上るのさえシンドイ。

階段を降りる時は、重力に気を付けなくてはならない。

階段を降りる時は、私が先か妻が先かでモメる。以前、階段を降りている時に重力に負けて転んでしまった、すると、階段の上で妻は転んでケガをした私を笑っていた。

私のお肌の悩みは、最近くすんでしまうことです。

私の最近のお肌の悩みは、くすんでしまってものすごく辛いということです。http://eusuhm2019.com/

特に子供が小さいので、子供の面倒でいろいろと気を使いすぎて疲れてしまうということがある気がしています。というか、私は結構ひとよりもいろいろと気にしすぎというかとてもつらい思いをしているので、やっぱりくすんでしまうことが多いような気がします。

なので、何とかお肌のきれいな状態を保とうと思って、洋服で何とかしようと思っていますが、やっぱりなんとなくというかあまりいい状態ではない気がしています。

なので私は一生懸命頑張らないですこしお肌のために休んでもいいのかなと思うことを感じています。毎日お肌に感謝して、ありがとうという気持ちをもってお肌の状態を見ていったほうがいいのかなということを感じています。

そんなこと言ってもなかなか思い通りに進むことはできないので仕方がないですが、やっぱりいろいろと大変なこともあるのでやっぱりそれなりにいろいろと考えなければならないことってあるかなと思っています。私はもう少しだけ今の状態をよくしていきたいと思っているので、少しずつ解消していけたらいいなと思います。前向きにとらえようと思います。頑張ります。

何度も出てくるニキビさんと毛穴さん。

私はもともとお肌がかなり弱くて、絆創膏をはったり湿布を貼るだけでも物によっては半年以上後が消えなかったり痒くなってしまったりします。

そして最近本当に悩みなのが、

お顔に住み着いているニキビさんと毛穴さん。http://www.reisenacht.com/

もうそろそろお引っ越ししてもいいんじゃ?って

思うくらいケアを頑張っても頑張っても、また来たの?って思うくらい現れます。

まずニキビさん。これはよくなったりまた出てきたりの繰り返し。皮膚科に行けばお薬だってもらえますし、最近はニキビだけでも皮膚科に行く方も増えてますよね?でもたまにいるんですニキビだけできたの?的な顔する先生たち。いやいや!私からしたら綺麗で透明感のある肌を手に入れるために努力してるんですよ!って言いたくなります。

そして毛穴さん。

こいつは手強いです。何してもいなくなってくれない!!

ありとあらゆる毛穴に効くものを試したり、逆に辞めてみたり全部試してみたけどこれはなくなってツヤツヤ!って思う物に出会ったことがありません。

よく動画やブログで◯◯がいい!とかこの方法で!とかあるけど無くならないものは無くならないんです。

もう美容外科に行って吸引するのが早いのかと最近常々思ってます。

女の子って本当に大変なんです。

ふと鏡を見た時の異様に老けた顔を見て驚きました。

精神的、肉体的に疲れて帰ってきてマスクを外して手洗いうがい、洗顔までしようとして洗面所でふと鏡を見た際に自分の顔が異様に老けこんでいて哀しくなったことが何度もあります。

評判通り!nicoせっけんを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

10代20代の頃から比べると起きた時と出かけてから帰ってきた際の顔が全然違ってしまいます。顔のハリもそうですが、頬の肉が垂れてきてほうれい線がくっきり出ていてしかめっ面が多いせいか眉間や目じりに皺まで見えます。

太っているのもあってたるみが特に酷くただでさえ疲れて帰ってきて自分の顔でトドメがさされる感じです。

40代直前でこれだと将来本当どうなってしまうんだろうかとため息ばかりでます。太っているのは痩せれば少しは改善出来るだろうと希望を持てますが、肉のたるみやほうれい線はそれでも消えるかが非常に不安です。

それに疲れが顔に出るようになってきていてそれが皺やたるみ、ほうれい線に繋がっているとしたら今後の人生で疲れない生活などないので確実に肌に対する問題が残ります。

それに顔だけではなく手の皺も増えてきましたし、全身の肌全体を見てもガサガサになって来たと感じるようになってきましたので張りのある肌、垂れない表情筋そういったものが非常に欲しくてたまらない状況です。

どうしたら少しでもたるみを抑え、肌のハリや艶を残せるのかと悩んでいる状態です。

肌が白いと言われなくなった…?

現在30歳です。10代の頃はUVケアを全くせず、特に大きな肌悩みもありませんでした。
そして、そのまま大学を出て社会人になって1年目のこと。

【本音口コミ!】ヴィオテラスHSCセラムの効果を赤裸々レポート!

駅のホームで鏡を見て唖然としました。
…シミがめちゃくちゃ増えている!
自然光に当たった自分の肌を見て驚き、悲しくなりました。

大学時代UVケアを怠った代償と、社会人になってからのストレスでシミが増えたのでしょう。
それからは使う化粧品を全て美白専用にしたり、1年を通してSPFの高い下地やファンデーションを使うようにしました。
数年そんなケアを続けていたら、なんと周りの人から肌が白いと言われ始めました。
1番嬉しかったのは、美容部員さんに「ちゃんとケアしてる人の肌だわ」と褒められたことです。

シミは完全になくなったわけではありませんが、薄くなり、日々のケアにより地の肌が白くなったのだと思います。
それからずっとケアを続けていたのですが、
30歳に近づいてきた頃、「あまり肌が白いとは言われなくなったような気がする」…と感じたのです。
考えてみると、顔を小さく見せるためにチークやシェーディングを入れ始めてから肌が白いと言われなくなったのではないかと気づきました。
シェーディングを入れている部分は、よく見ると日焼けしたような感じに見えます。

その時に、自分がシェーディングを入れすぎていることに気づきました。
確かに顔は小さく見えますが、入れすぎは良くないと思いました。
何かひとつ粗を隠そうとすると、他がダメになる…と気づいた瞬間でした。
これからはシェーディングは控えめに、そして美白ケアを入念にしていきたいと思います。

年齢と肌質の変化について

私はつい先日30歳になりました。シルクリスタ

遠い昔の若い頃は肌のことなどよくわからないけれど、とりあえず安くて知名度のある化粧水と乳液を使っていました。

ピチピチお肌の時代なので特に不満も不調もありませんでした。

しかし20代も中頃になると、Tゾーンの皮脂が多く化粧浮きが気になるようになりました。

あれこれ化粧水を買って試してみたけど、これといって良さそうなものは見つからず。

CMで見た 皮脂崩れ防止下地 を買おうか迷っていたところ化粧部員のお姉さんに声をかけられ肌質を見てもらうことに。

すると、乾燥肌だと言われました。

私はてっきり脂性肌だと思ってたので驚きました。

これ以上乾燥しないように皮脂で守るため過剰に分泌するのだとか。

もう10代の頃のように 適当なケアではダメなのか…

勧められるがままに、目当てだった化粧下地と私の肌に合う少しお高めの化粧水・乳液を購入しました。

それは使い心地良く、肌の調子も良い感じがしてしばらく愛用しました。

せっかく良い化粧水を使うのだから、洗顔も少し良いものにグレードアップしました。

今度は20代後半。肌質の変化というより環境の変化です。出産して、ゆっくり化粧水を塗っている余裕がなくなりました。

アラサーということもあり、さらに乾燥が進みます…。

洗顔後のつっぱり。毛穴も気になる… でも今はとにかく さっと塗れることが第一優先…

ということで、オールインワンジェルを試しているところです。

オールインワンジェルは物足りないイメージがあったのですが、伸びがよく しっとりで何より1つで済むのが本当に楽です。

あわよくば ファンデーションもオールインワンに出来ないかと考えているズボラ女子でございます。

三十路になってほうれい線が気になりだした

※お肌のことを書いてくださいという依頼ですが、ダイエットのことを書くものだという記載もあって迷いましたが、とりあえず肌のことについて書きます。

nicoせっけん

私はメイクというと肌にはBBクリームしか塗らないのですが、塗った状態で笑うとほうれい線のシワが目立つことに気付きました。最近になってからなのですが、三十路になると肌も変わるのかなと思いました。メイクをしていなければシワは表れないのですっぴんの方が良いのですが、そうすると毛穴など他の悩みが見えてしまいます。

最近はマスクをしているので特に気にせず塗っていますが、マスクをしない時には一時期ほうれい線の部分にBBクリームを塗らないという策を立てました。頬にBBクリームを塗ったら、指でほうれい線を押さえてそこに塗らないようにするのです。ゆったりとグラデーションになるようにすれば肌馴染みも良いですし、そこだけBBクリームを塗らなかったところで編にはなりませんでした。

ただ、今のところちょっとBBクリームをつけすぎてしまうので、次にメイクをするとしたら少な目にしないとと思っています。頬のシワが目立ち始めたのは年のせいと、あとは出っ歯なことが関係しているように思います。歯が出ていると口回りが出ているように見えますからね。